読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考える場所

ココロとカラダ、思考する全部

「大事」と「大切」の違いは

前に、信用と信頼の違いについて書いたけど、「大事」と「大切」の違いもそこにあるんじゃないかと考えた。つまり「大事」は対象のことを、「大切」は自分のことを言うんじゃないかと。程度の問題だと思っていたけど、そう分けた方がしっくりくる、ような気がする。

仕事と私、どっちが大事なの!?

え、ああ、うん、、

これは「大事」を使うのが合ってるように思う。聞かれている人の主観ではあるが、仕事がなのか、私がなのか、つまり対象のことを言っているのであって、言葉からは評価としての存在を表しているような感じを受ける。そして、この質問は男を困らせる。

だから、本当に聞きたいことが私の評価値なのではなく、彼の生きている感情や情熱であるのならば、次のようにした方がよいと思う。

私のこと大切にしてくれる?

ああ、もちろん

///

ほらね、会話だってスムーズになったでしょ。どうだろうか。

冗談はさておき。「大事」の反対は「小事」である。しかし「大切」の反対は「小切」ではなくて、「粗末」だとか「雑」だとかかな。それは姿勢のことを言っているのであって、やはり言葉が表すものは自分の問題なわけでしょ。

そうしたらなんで「大切」の方が「大事」よりも程度が大きいように感じるのかと言えば、それは自分との距離が近いからなんじゃないかと思っている。感情や姿勢のことを言うのか、対象や評価のことを言うのかを考えれば、前者の方が近い。だから大きく感じる。『一億人の英文法』の大西先生が書いた、もっと初級向けの本で、過去形は実際過去を表しているのではなく距離を表している、というのを見て目からウロコしたことがある。その感じだ。

英語で「大事」と「大切」を言うと次のようになるんじゃないだろうか。文法として英語は日本語よりロジカルな表現になる気がする。

You are important to me.

が「大事」で、

I care about you.

が「大切」。いかがかな。

言葉っていうのはおもしろいね。ものごとを表現するためのものであっても、言葉が表現を制限してしまうことだってあるような気がする。表現することで在るということが鮮明に見えるようになるのだけど、同時に形という枠組みの中でしか見ることができなくなってしまうような。

blog.fukuchiharuki.me

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)