考える場所

ココロとカラダ、思考する全部

「信用」と「信頼」の違いとは

「信用」と「信頼」の違いは、条件のありなしであると言う。条件があるかないかということで、明確に分類できたようでもあるが、現実のこととして腹に落ちた感じがしない。条件があるだけで、信用の「信じる」と信頼の「信じる」は、同じものなのだろうか。

f:id:fukuchiharuki:20160312172909p:plain

自分の解釈ではこう。信用は他人の問題、信頼は自分の問題。条件を満たすかどうかは他人の問題である。あなたがこの条件を満たす必要があるという姿勢。一方で、頼ったり任せたりすることは自分の問題である。私がそうしたい(させたい)のだという姿勢。

だから、信頼に伴う裏切りはない。私がそうしたい、というところに、あなたがそうしない(できない)、ということがあるだけなのだから。そこで私がどうするかと考えること、その責任を負う覚悟があっての信頼だろうと思う。任せるということはそういうことで、あなたにはできないかもしれない、そう思ってはいても自分の問題として信頼することはできる。

blog.fukuchiharuki.me