考える場所

ココロとカラダ、思考する全部

理性は感情をコントロールするか

なにかとイラついてやたらと噛みつく人って、どこにでもいるよね。自分もそのひとりだったんだけど(であるとは言いたくないんだけど)、さすがにまずいよなって思えたのは、仕事で人との関わりが重要になってきてから。それまでは成果とかパフォーマンスだけに目を向けていればよかったし、そういうものが求められていた。だから、まあたイラ立ってんなああいつ、くらいの見られ方をしていただけで済んでいたのだと思う。それでよかったわけ。

もちろん、自分でもそのイラ立ちを見てはいたのだけれど、必要がなかったからなんだろうね、なんとかしようということを本気で考えてはいなかった、のだと思う。それが、なんとかしなきゃって思うようになって、始めたのがモーニングページで。1日3ページの記述を毎日課す。毎日、毎日書いていると、自分の感情や思考、考え方に納得を求めるようになってくる。なぜそうなのか、どういうことか、どうありたいのか。そういう考えにならない、ということができなかった。だからもう毎日毎日、感情や思考についての考察をひとりでやっている。

f:id:fukuchiharuki:20160116113621p:plain

それでまあ、ここからが本題なんだけど、理性と感情って、これとこれって別けられるようなものではないんじゃないのかなと思うようになってきた。理性(≒思考)は感情をコントロールする主体である、というモデルで見ていたんだけど、その枠組みでは理解しきれないことがある。

たとえば..

俺の実力では人並みにしか稼げない、お前だってそうだろ

これがそこそこ現実的な話だったりするとイラっとくるものでしょ。単に馬鹿にされているということもあるけど、言えよって、強制されているかのように感じられることの方が大きいかもしれない。俺は社内でいい位置にいるし、転職つづきのお前がなに言ってんの。とか考えちゃう。

それでは説明になっていない、そんなのおかしいでしょう

自分より立場が下の人から痛烈な批判を浴びたら頭にくるよね。じゃあ君はどうしたらいいって考えるの?なるほどね、それはできないよ。そんなこと採算が合わないからできるわけないでしょ。狭いの、視野が。ありえない。なんでいちいち刃向ってくるの。とか考えちゃう。

あ、気づきませんでした

そこ気がつかないことってある?っていうこともときにはある。やってることの意味とかバックボーンとかを考えたら、そうしなきゃいけないってことくらい想像できるでしょ。あのさあ、まあこれでいいだろうとか、大丈夫だろうとか、思っちゃったりしてない?とか考えちゃう。

もう考えちゃってる

思考が感情をコントロールしてないと思えるのは、イラついたときには既にもう考えちゃっているから。イラついて、現状把握しようとした結果そう考えてるんじゃなくて、もう考えてしまっている。思うよりも、感じるよりも前に考えてる。ただ、そういう自覚だってないから、考えていることは正しい、正しいことを考えてるんだって錯覚しちゃってる。だけど、その考えは感情に根ざしているから、感情を道理として成立させるため、つまり、相手を否定するか、自分を肯定するためにひねりだされたものだ。当然、相手を否定するか、自分を肯定することができる理屈を得る。感情はやっぱり正しかった!

道理を求める理屈は感情と共に起こっているのであって、思考なんてものは感情を抑えているのではなくて、擁護するか、なだめているだけなんじゃないかっていうのは、言い過ぎかな。でもそうしちゃってるときの方が多いように思うよ。思考は感情よりも複雑かもしれないけど、まったく別物であるようには思えない。かなりの精度で同調してる。だから、思考がその高度さ故に理性として感情をコントロールし得る、というのではないなと考えるわけ。

ただそう在るだけ

「だって」と「でも」は、男の使う言葉じゃない

って、ちはやふるで言っていたけど、「だって」も「でも」も使っていなくたってそういう向きで考えてしまっている時がある。確かにある。よい悪い、正しい正しくないという理屈をやっているときはだいたいそうなんじゃないかって気がする。だから、そう在ったということは確かだろうけど、それがどういう意味合いをもつかということ、その評価や理屈は無価値であるようにも思える。そしたら思考も、感情と同じで、ただそう在るだけ、と理解することができる。

で、理性とはなんだって考えたら、鎮めることができる、と言うか、鎮まることができるということ、そういう思考も感情も含めた、心の状態のことをいうんじゃないかなって考えてる。少なくとも、論理や理屈、複雑さをもった思考、ジャッジメントという類のものではないだろう。

だから坐る。ただ坐る。生きることも同じ。ただ生きる。そういうことなんじゃあないかな。

坐禅に学ぶ

坐禅に学ぶ

脳には妙なクセがある (扶桑社新書)

脳には妙なクセがある (扶桑社新書)