考える場所

ココロとカラダ、思考する全部

チームプレイ

個人プレーをやらなきゃいいってもんじゃねぇんだ。大事なのは一人一人がゴールを常に狙う気持ち。それがあってこその連携だ。ただの仲良しこよしはチームプレイとは言わねぇよ
- アニメ『黒子のバスケ』から相田景虎のセリフ

チームプレイとは組織を構成することだ。一人では成し遂げられないことが組織を構成することで出来るようになる。だから会社というものがあるし、そのようなシステムは必然に成るだろう。ことを成し遂げるにあたってチームプレイが重要であることは疑わない。

しかし近頃のノリとしてチームプレイがもてはやされ過ぎていないか。チーム力を向上させよう。結構なことである。しかしそれだけか。一番最初に目を向けるべきものがチーム力か。そもそもチーム力とは何だ。ホウ・レン・ソウができることか。自分の仕事は何だ。チームプレイをやることか。否。そんなはずはない。仕事とはことを成し遂げることだ

だから、最初に目を向けるべきものは仕事だ。自分(たち)が成し遂げるべきこと。これなしにチームプレイなどと言ってはいけない。仕事が違えばチームのありようも違う。チームが自分(たち)を仕事へ導いてくれるだろうなどと考えてはいけないのだ。